新着ニュース

市役所や図書館、公民館でのお仕事を体験する実習です

市役所の各課にある軽作業・事務補助作業を体験して頂きます。労働習慣、体力、コミュニケーション、
マナーなど、働くための力(職業準備性)を養い、自身の適性や課題への気づきを促すことを目的としています。
(参加に際しては、担当支援者がその方の状況や段階を考慮し決めていきます。)

2019年 4月8日

平成30年度 下半期庁舎内実習報告 2018.10~2019.3

2018年度下半期の庁舎内実習には、延べ24名の方が参加されました。新春たこあげ大会に向けて児童青少年課から凧のしっぽ作りの依頼や、市民税課からは税の手引き封入封緘作業など、この時期ならではの依頼も多く無事に作業を終え納品できた時の達成感はひとしおでした。自分の苦手だと思っていた作業でも、繰り返し取り組むことでスムーズにできるようになっていく実習生の様子がとても印象的でした。実習で成功体験を積むことで、自信につなげてほしいです。

実施月 作業内容
10/22~
10/26
会計課―書類綴り、ビニールはがし
市民課―わたしの便利帳挟み込み(2500部)
交通対策課―わたしの便利帳追加挟み込み(CoCoバス時刻表)
生涯学習課―わたしの便利帳追加挟み込み(FC東京チラシ)
地域安全課―わたしの便利帳追加挟み込み(防災マップ)
介護福祉課―切手貼り(400部)、切手切り
地域福祉課―スタンプ押し2箇所(6900部)
スタンプ押し3箇所と封筒三つ折り(3000部)
経済課―「町なか歩きガイドブック」訂正シール貼り(900部)
納税課―切手貼りと封筒三つ折り(1000部)
児童青少年課―凧のしっぽ作り(746組)
市民税課―住民税・都民税申告書の封入・封緘作業(7074通)
保健センター―草むしり
自立生活支援課―裏紙綴り、訂正シール貼り(課内作業)
11/28~
11/30
1/30~
2/1
2/27~
3/1
3/27~
3/29
2018年 10月9日

平成30年度 上半期庁舎内実習報告 2018.4~2018.9

 2018年度上半期の庁舎内実習には、初参加の方から何度も実習経験を重ねた方まで延べ26名の方にご参加いただきました。切手貼りや封筒三つ折りなどのデスクワークだけでなく、児童館の草むしりや公用車洗車など多様な作業を行うことができ、個々の方が得手不得手や課題に気づき、就労に向けての自己理解を深めるための場となりました。可能な限り実習生にも納品に同行していただき、自身の手がけた作業が誰かの役に立ち喜ばれることを実感してもらうことも、実習の大事な役割であると感じています。

実施月 作業内容
4/25~
4/27
会計課―書類綴り、ビニールはがし
市民課―わたしの便利帳挟み込み(1800部)
交通対策課―わたしの便利帳追加挟み込み(CoCoバス時刻表)
      ポケットティッシュ挟み込み作業(3500個)
生涯学習課―わたしの便利帳追加挟み込み(FC東京チラシ)
地域安全課―わたしの便利帳追加挟み込み(防災マップ)
介護福祉課―封筒三つ折り(2000部)
切手貼り(187部)、切手切り
地域福祉課―スタンプ押し2箇所(7000部)
スタンプ押し3箇所と封筒三つ折り(2182部)
経済課―「町なか歩きガイドブック」訂正シール貼り(2600部)
納税課―切手貼りと封筒三つ折り(2000部)
環境政策課―公用車洗車
本町児童館―草むしり
自立生活支援課―裏紙綴り、訂正シール貼り(課内作業)
エンジョイワーク・こころー通信封入作業、パソコン作業
5/21~
5/25
6/27~
6/29
7/25~
7/27
9/25~
9/28

登録者のみなさんの余暇活動です

仲間との交流の場、リフレッシュする場として知的障害の方向けの「どようの広場」、
精神障害や発達障害のある方向けの集い「こころの会」を開催しています。
また「豊かな社会生活のための講座」と題した様々な学習会も開いています。

2019年 5月27日

令和元年度 「どようの広場」第1回 カラオケ大会開催報告 2019.5.18

令和最初の「どようの広場」を開催しました!
年に3回開催の「どようの広場」(通称:どひろ)の第1回は恒例のカラオケ大会でした。市内のカラオケ屋さんのビップルームを貸し切り、参加者20名が紅白のチームに分かれて歌合戦を繰り広げました。とにかく皆さん歌が大好き。普段から歌い込んで自慢ののどを聞かせてくれた方、見事な振り付けを披露された方、自分は歌わないけれど仲間の歌をじっくり聞いていた方など思い思いの楽しみ方で3時間余りがあっという間に過ぎていきました。次回は秋ごろに遠足を予定しています。

2019年 3月18日

平成30年度 第2回精神・発達の集い開催報告 2019.3.9

集いの名前が決定! その名も「こころの会」
「精神・発達の集い」は、精神障害・発達障害をお持ちの方々が交流し、働くことや普段の生活のことなどについて意見を交わせる場として、年に2回開催しています。
 今回は「仕事」、「人間関係」、「生活・余暇」の3つのテーマでテーマトークを行いました。回を重ねるごとに参加者の皆さんも慣れてきた様子で、障害をオープンにして働くことのメリット・デメリットや、職場での人間関係の悩み、お得情報(障害者割引など)といった様々な話題が活発に出ていました。また、前回から話し合っていた集いの新しい名前が「こころの会」に決定しました! これからは「こころの会」として、精神・発達障害の当事者の方々が気軽に交流できる場を、参加者の皆さんと一緒に作っていきたいと考えています。

広報誌を年1回発行しています

2019年 8月26日

令和元年度 新ホームページ開設 2019.8.26

2007年の就労支援センター開所とともに様々な情報をお届けしてきたホームページをこのたび約12年ぶりにリニューアルしました。センターの利用方法や支援内容、運営法人についてなどより分かりやすくお伝えできるよう工夫しました。センターでの催しも随時アップしていきますのでご期待ください。